Windows で Kotlin の開発環境を整えるには【Vagrant編】

ここまでの手順は前回の記事をご覧ください。

ここからは Vagrant を導入していきます。

 

Vagrant – https://www.vagrantup.com/ から Windows版のインストーラーをダウンロードします。

 

DOWNLOAD 2.0.1 (記事公開時) をクリックします。

 

Windows 64-bit * (*お使いのWindows が 32-bit であればそちら) を選択すると、インストーラーのダウンロードが始まります。

 

基本的に [ Next ] としていけば良いので、割愛します。

UAC(ユーザーアカウント制御)が途中出てくる場合も、[はい] などと選択し、実行して下さい。

最後にPCの再起動を求められるので、Windowsを再起動します。

 

つづきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

あっと

あっと

どこかのしゃちょうさん。 いろんなことがすき。 140さいまでいきるのがもくひょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です