しゃちょうさんでも Windows で Kotlin がしたい!

コマンドライン(コマンドプロンプト)で Kotlinがしたくって、ずっとずっとなやんでいました。やっと解決したので書いていこうと思うのです。

Kotlinの環境は整っている(インストールしている)ものとして書いていきます。

いわゆるコマンドプロンプトでの実行は無理なので、まずはWindows に Ubuntu をいれちゃいます。

Windows ストア – Ubuntu ここからインストールして、立ち上げます。

“kotlin -version” と打ち込んで、エラーが出なければそのままでいいのですが、そうは問屋がなんとかです。

“kotlinc: line 74: java: command not found” と表示されてしまい、どうにもならないのです。

まけずぎらいなしゃちょうさんは、Windows10 上の Ubuntu に Javaをどうにかいれたくて奮闘します。
Ubuntu の コマンドラインに

$ sudo apt-get update

上記を打ち込みます。色々あっぷでーとされます。つぎにJavaが入ったか確認します。

$ java -version

The program ‘java’ can be found in the following packages:
* default-jre
* gcj-5-jre-headless
* openjdk-8-jre-headless
* gcj-4.8-jre-headless
* gcj-4.9-jre-headless
* openjdk-9-jre-headless
Try: sudo apt install <selected package>

こんなエラーがでます。ならば。

$ sudo apt-get install default-jre

これを打ち込んでみました。
なんだかいい感じです。

いよいよJavaの開発環境です。JDKさんです。これがないと困ります。

$ sudo apt-get install default-jdk

うまくいったかんじです。
最後に Do you want to continue? [Y/n]
ときかれるので Y と入力しEnterです。

まちます。

$ javac -version

と入力して、エラーがなくjavac 1.8.0_xxx のような文字列が表示されていればOKです。

そして!

$ kotlin -version

と入力し、エラーがでないか確認……。

Kotlin version 1.2.10 (JRE 1.8.0_151-8u151-b12-0ubuntu0.16.04.2-b12)

このような表示が!

 

あとは SDKMAN! のインストールも失敗したので、がんばります。

$ sudo yum -y install zip unzip

としたあと

$ curl -s https://get.sdkman.io | bash
$ source "/home/vagrant/.sdkman/bin/sdkman-init.sh"

これでSDKMAN!もインストールされました。

 

しゃちょうさんには Open JDK も必要なので

$ sudo apt-get install openjdk-8-jre
$ sudo apt-get install openjdk-8-jdk

どちらもいれちゃいます。

 

無事に環境が整いました。

 

シャインさんにふつうにほめられました。
つんつんしてないシャインさんもすきですけど、ひょうしぬけです。
ううん。ありがとうございます。

あっと

あっと

どこかのしゃちょうさん。 いろんなことがすき。 140さいまでいきるのがもくひょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です